有料老人ホームってどうやって選んだら良い?

有料老人ホームとは、高齢者が暮らしやすいように配慮された住居で、食事や介護の提供、洗濯・掃除などの家事、毎日の健康チェックなどのサービスが受けられる住まいのことです。

 

色々なサービスが充実している分、一般的な老人ホームよりも費用が高いのですが、何かあった場合には直ぐに対応してくれますので、安心して日常生活を送ることができます。

 

有料老人ホームを選ぶ際の3つのポイント

 

1)情報収集をする
どこにどのような有料老人ホームがあるのか、できるだけ詳しく多くの情報を集めましょう。
有料老人ホームは、法律で都道府県や市町村への申請が義務付けられていますので、窓口に問い合わせてホームの一覧表をもらえば、住所や連絡先などの基本的な情報を集めることができます。
全国有料老人ホーム協会では、入居を検討している人の為に「輝・友の会」や「入居相談室」を運営し、情報提供を行っていますので、このようなサービスを利用するのもお勧めです。

 

2)資料を取り寄せてじっくり考えてみる
希望の条件をクリアしているホームが見つかったら、重要事項説明書やパンフレットを取り寄せ、理想とする老人ホームであるか確認してみてください。
その際、良いと思ったところだけでなく複数のホームの資料を取り寄せて、サービス内容を比較してみることがポイントです。

 

3)実際に老人ホームを見学し、体験入居してみる
老人ホームの雰囲気や設備、周辺環境など資料だけでは分からないことが沢山ありますので、特に気に入った有料老人ホームには実際に足を運び見学してみて、「体験入居制度」を活用して住み心地も確認してみましょう。
より良いところを選ぶ為にも、複数の老人ホームに体験入居してみて、本人の意見はもちろん、家族の視点からもチェックしてみてください。

 

高齢になると、1人での生活に不安を抱える人やその家族の意向によって、様々なサービスが充実した有料老人ホームへの入居を希望される場合が多いようです。
一般的な老人ホームに比べるとそれなりに費用もかかりますので、何かあった場合に直ぐに対応してもらえるか、住み易い環境であるか、という点は重要なチェック項目となります。
まずはできるだけ多くの情報を集め、比較検討してみることで気になる老人ホームを何カ所かに絞り込み、実際に見学したり、できれば体験入居までしてみてください。
住環境は体調だけでなく、心の状態にも大きく影響してきますので、じっくり時間をかけて検討し、ベストな選択をすることが充実した老後へと繋がっていきます。

 

 

高級老人ホームへの入居の流れ

 

老人ホームへの入居を考えた場合、よく調べもせずに「自宅に近いから」「費用が安いから」といった理由だけで選んではいけません。
今まで頑張ってきた分、快適なシニアライフを送るためにも、時間をかけて慎重に決断していくことが重要です。
そのためには、まず老人ホームに入居するまでの流れを理解しておきましょう。

 

老人ホームへ入居するまでの流れ

 

1)心の整理をする
自立した生活が送れる方の場合は、老人ホームへ入居する目的やどのような毎日を過ごしたいか、新しい環境で暮らすにあたって何か挑戦してみたいことなど、心の整理をしてみてください。
介護を必要とする方の場合は、様々な事情によって自宅での生活が難しい状態であっても、入居者本人は最期の時は自宅で迎えたいなどの希望があることを家族間でしっかり話し合い、理解しておきましょう。
入居する場合は在宅と違い、老人ホームは共同生活になりますので、基本的なルールを確認しておく必要もあります。

 

2)情報収集をして比較してみる
インターネットを利用すれば、希望する条件を入力するだけで簡単に施設を探せますので、気になる施設を5カ所ぐらいに絞り込んで資料請求をしてください。
介護者だけでなく入居希望者も交えて、複数の施設を様々な視点から比較してみることがポイントです。
専門家に相談する場合は、電話で問い合わせるなどして希望する条件の施設を3〜5カ所ぐらい紹介してもらい、資料で詳しく紹介してもらいながら気になる施設を絞り込んでいきましょう。

 

3)実際に見学して体験入居してみる
パンフレットを見てどんなに気に入った施設であっても、住み心地や周囲の環境などが入居希望者に合っているかは実際に足を運んでみたり、体験入居してみないことには全くわかりません。
快適で充実した毎日を送るためにも、介護者だけでなく入居希望者も一緒に、まずは見学に行ってみてください。
この時、施設のスタッフにサービス内容や介護体制、料金などの細かい部分まで確認することが重要です。
体験入居した際には、実際に入居している方に話を聞いてみることをお勧めします。

 

4)資金計画を確認する
入居一時金やその返還金、月額利用料、その他のサービス費用、医療費、光熱費など、パンフレットに記載されていない分の経費も全て計算してみましょう。
不明な点があれば施設側に納得いく説明をしてもらうことで、後々のトラブルを未然に防ぐことができます。

 

5)入居意思の確認をして契約をする
入居希望者と家族や介護者など、みんなで最終的な話し合いを持ち、本人の意思を第一に確認して、みんなが納得してから契約を進めていきます。
入居までに、身辺整理をしてやり残したことが無いようにし、再度施設内の決まりやサービス内容などを確認しておきましょう。
介護を必要とする方の場合、在宅介護のような生活サポートはできないことを理解してもらう必要があります。

 

 

老人ホームへ入居する場合、第一に考えなくてはならないのが入居者本人の意思です。
資料請求による情報収集の段階から、介護者だけでなく入居者も交えて話し合いを進めていく必要があります。
気に入った施設には実際に足を運び、体験入居をしてみることで周囲の環境や住み心地などを確認し、資金計画を立ててから契約を結ぶことが重要です。